嫌われる勇気を観て強い女はカッコイイと思いました

嫌われる勇気を観て強い女はカッコイイアドラー心理学について説明した岸見一郎氏と古賀史健氏の著書を参考にしているため、主人公の庵堂蘭子(香里奈さん)がとにかく嫌われる事に慣れている感じがしました。
こんぶ茶教室に通う女性(石田ひかりさん)に、ハッキリと「コートが身の丈に合っていなくて似合っていない」と指摘したのは凄かったです。
大抵の人は面倒事に巻き込まれたくないと、直接批判する事を避けて通るでしょう。
けれどそれ以上に、冒頭のシーンで周囲の大人が子どもにショートケーキを譲っているのにも限らず何食わぬ顔でショートケーキを注文していた事に驚きました。
しかしショートケーキを欲しがった子どもは後に酷くワガママだと判明したので、ケーキを譲ら無かった彼女の行動は正しかったと思いました。
むしろ周りに流されて礼儀のなっていない少女に、簡単に譲った人の方が無責任に感じられました。
青山年雄(加藤シゲアキさん)は蘭子の言動を批判していましたが、私には自分を持っている彼女が心底カッコ良く映りました。

ドラマ10時「嫌われる勇気」第1話を見た感想 と2018ドラマ紹介