ドラマ10時「嫌われる勇気」第1話を見た感想 と2018ドラマ紹介

天野真紀(南野陽子さん)は落ち目のモデルになり下がっていました。
繭子(石田ひかりさん)は自分の優越感を得る為に真紀を利用する女性です。
雑誌の真紀のページが減らされた事に激怒し、身勝手な理由で犯行を犯し、最終的には真紀までストーカーに殺させると言った内容でした。

警視庁のコンサルタントも務める帝都大学教授に椎名桔平さん演じる大文字哲人。
その教え子だったのが蘭子です。
椎名桔平さんの演技を見てなぜかワクワクした自分がいました。

 

 

 

2018ドラマこれがよい

 

事件と椎名さん・・・「謎解きはディナーのあとで」が頭を過ってしまいました。
大文字から「アドラー心理学」という話が。
人間の悩みは人間関係でうまれる。
私も以前、他の番組か何かで見たことがありました。
ストレスはほとんどが、対人関係でうまれると言った内容です。
確かに!と納得した覚えがあります。
蘭子は心理学を学んで身に付いたのではなく、生まれ持ってその考えがある人間だそうです。
正直、蘭子の行動や考えに共感するところがあります。
常識的な協調性は大事ですが、誰にでも好かれようとする考えは私にもありません。
誰にでも良い顔している人に限って外では別の顔があったりして・・・。

「嫌われる勇気」というタイトルからドラマの内容が放送前から気になっていました。
職場・仕事では嫌われない様にと顔色ばかり伺ってはいられません。
言う事は言う!
誰かが言わなと周りが迷惑する時は、自分が嫌われる役でもかまいません。
何てそんな偉そうな事を書いてますが今はほぼストレスなしの生活に感謝しています。

さて、第2話のゲストは誰なのでしょう。

2018ドラマこれが人気

フジのドラマ

 

FINAL CUTドラマ1話動画を無料で視聴する方法まとめファイナルカット見逃し配信

 

小雪さん演じる主人公七草ゆづ子は2人の子供を持つシングルマザー。初詣に行った帰り道、アパートが浸水しています。「原因は息子の靴下が洗濯機につまり、故障したことでした。保険も降りますが限度額があり、200万円を自己負担することに。次の日職場に向かうとなんと職場が倒産してしまいます。財産も仕事も失い途方に暮れますが、同窓会で伊藤淳史さん演じる敏腕弁護士柿原新一と再会します。そこから2人は食事を交え大切なお金を取り戻すべく会社の倒産について調べ始めるというストーリーです。
ここで私が見所と感じるところを4つに分けて紹介したいと思います。
【1.主人公の子供に対する強い思い】